vim on ubuntu (gvfsでswapfileを見失う対策)

By | 2012年5月29日

Ubuntuにて、gvfsでマウントしたディレクトリ上にあるファイルをvimで編集すると、
しばらくしてswpファイルが書き込めないって怒られちゃいます。その対策は、
/etc/vim/vimrc.local に
set directory=/var/tmp,/tmp
などと記述しておけば、swpファイルがローカルに作られるようになるので大丈夫になります。
ちなみに別ディレクトリの同名のファイル(各ディレクトリのindex.htmlなど)を同時に編集していても、
swapファイルの名前がちゃんと.swp .swo … となるので大丈夫です。